車いす探検隊

市内の小学生(小学校3年以上)や中学生に対し、障害者や高齢者の立場を理解するために、自分自身が車いすに乗り、または介助を直接体験することによって「福祉の原点」である当事者への「理解」に繋がる思いやりの心を育むことを目的に、毎年実施しています。

周辺の道を歩くだけではなく、電車の乗り降りや、買物をするなど、さまざまな場面を体験をすることができます。普段とは違った視点で、市内を探検することで、新たな発見があるかもしれません。伊豆箱根鉄道・大雄山駅の駅員さん、商店主のみなさん、交通整理や見守りのボランティアさん等からご協力をいただき、地域ぐるみで福祉を学ぶ子どもたちを応援する企画です。

実施のご案内は社協広報誌ほか、小中学校に向けてチラシを配布しております。関心のある方のチャレンジお待ちしております。

また、ご協力いただけるボランティアさんも募集しています。車いす操作の基本知識やコースの下見など、事前に講習会を開催しますので、初めての方でも安心してご参加いただけます。こちらもぜひご協力よろしくお願いします。

ボラえもん(車いす探検隊ボランティア)のページへ

 

参考:29年度のチラシはこちらです

お問合せは、社協ボランティアセンター「車いす探検隊」担当まで
0465-22-2299

 

カレンダー

9月 2018
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
« 8月   10月 »

Facebook